アフタヌーンティーを楽しめるカフェ

| コメント(0)
アフタヌーンティーは元々イギリスで19世紀半ばに貴族の間で社交目的として、軽食や紅茶を楽しむ習慣です。貴族の社交目的と言うだけあって、かつては知識や教養、礼儀作法などが問われていたのですが、現代はそんな堅苦しいものではなく、身分問わず広く普及している習慣と言えます。
日本でもホテルやカフェなどでアフタヌーンティーのセットなどが販売されており、2段 〜 3段重ねのティースタンドに盛り付けられたケーキなどのデザートを使用したメニューは見た目も可愛らしくカフェ等では女の子たちの人気メニューとなっています。

原宿にある「ブリティッシュインディアンカフェ1930」は隠れ家的な喫茶店で、本格的なインド料理とインド直輸入の紅茶をいただくことができます。

ランチタイムに食べるカレーも絶品なのですが、ディナー前のちょっとした空き時間に食べるアフタヌーンティーセットも絶品です。自慢のスコーンと紅茶は非常に美味しく、そのため、客層は女性が中心となっています。

お店側から見て、迷惑でなければランチタイムにカレーを食べたあと、店内で読書でもして過ごし、夕方にアフタヌーンティーセットを食べて帰る、なんてことができるなら、非常に有意義な休日を過ごせると感じました。



コメントする

カテゴリ

  • 飲食店・グルメ

ページ一覧

2015年9月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

このブログ記事について

このページは、okinawakが2015年9月 8日 22:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「神田で人気の洋食店に行こう」です。

次のブログ記事は「いろんなフルーツを使用した人気のフルーツパイを食べよう」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。