コーヒーにはどんな成分と効果が?

| コメント(0)
コーヒーにはどんな成分と効果があるのでしょうか。
コーヒーは昔から薬とも言われていましたが、含まれる成分として有名なのはカフェインですね。カフェインには、疲労回復をはじめ、集中力を増加させてくれる働きがあります。またボケの予防にもつながるといわれています。さらにコーヒーにはクロロゲン酸やトリゴネリンといった薬の成分も含まれているといわれています。フラン類とよばれる成分も含まれており、これにはニンニクなどの臭いを消してくれる働きもあります。
かつてはカフェインの取りすぎが問題視されていましたが、最近の研究では多く摂取する分には問題ないと言う話も出ています。



コメントする

カテゴリ

  • 飲食店・グルメ

ページ一覧

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

このブログ記事について

このページは、okinawakが2015年7月15日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ダイエットにおすすめ!マル秘朝食メニュー」です。

次のブログ記事は「麹町周辺で焼き鳥のおいしいお店」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。