きりたんぽでほっかほか。

| コメント(0)





秋田の名産、きりたんぽ。鍋にしてよし、焼いてよしのレシピを紹介します。
【材料】4人分
・きりたんぽ   冷ごはん   茶碗3杯分 
         片栗粉    大さじ1
         塩      ひとつまみ
・鍋       鶏がらスープ  600cc
         薄口醤油    大さじ1
         酒       大さじ1
         みりん     大さじ1
         せり      1束
         ごぼう     1本
         舞茸      1パック
         長ネギ     1本
         水炊き用鶏   200g

【作り方】
? きりたんぽを作ります。ボウルとすりこ木は水で濡らしておきます。ご飯を入れて、米粒がなくなるまでよく練ります。
? 片栗粉と塩を入れて、さらに混ぜます。
? 細長く形を作ります。(食べやすい大きさで。)
? フライパンにごま油(分量外)を熱して、きつねいろになるまで焼きます。
? 鍋の準備をします。調味料を合わせて、沸騰させます。
? せりを除く野菜を入れて、火が通ったら、きりたんぽを入れます。
? 最後にせりを入れます。
? あつあつを、頂きます。

きりたんぽは、鍋の他に、田楽味噌を乗せて、魚焼きグリルで焦げ目がつくぐらい焼いて、白胡麻を振って、お酒のおつまみにしても美味しいです。

東北の名産品って、きりたんぽ以外にも美味しいものが多いですよね♪
私は、外食でも結構当Hくの郷土料理のお店にいったりします。

おすすめは、蒲田にある【きたろう】という居酒屋さん。
色々と食べれて、楽しいですよ♪
自宅で作るのが面倒な方は、是非行ってみて下さい。





コメントする

カテゴリ

  • 飲食店・グルメ

ページ一覧

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

このブログ記事について

このページは、okinawakが2013年5月14日 16:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キルフェボンでタルト」です。

次のブログ記事は「かまくらに再訪問~」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。